NDF混合飼料(牛)ご案内

良質な牛肉をつくために!
飼料摂取量を長期的にわたって安定的に高める事が必要。
飼料中のNDF含有のバランスが飼料摂取量を高めます。

NDF・・・ヘミセルロース・セルロース・リグニン

食い込む牛
導入後2~3か月のフレーム(ロク張り)の大きさで枝肉重量が決まる。
導入後8カ月齢が最も重要でこの時期NDFの摂取量と飼養管理が
その後の時期に大きく影響する。

<販売パンフレット抜粋>

詳しくは 弊社ホームページ お問合せ よりご連絡ください。